レーザー脱毛器でヤケドするって本当?

レーザー脱毛器を使用しているときに、発生するトラブルで多いのが、やけどです。

特に、廉価タイプのレーザー照射器は、1回の照射で毛根を焼こうとするため、レーザー照射エネルギーが高くなります。
基本的にレーザー脱毛器は、センサーで判断して、色の黒い部分を毛根と判断して、レーザーを照射します。
また、毛根に当たったとしても、皮膚の質は人それぞれですし、皮膚の弱い人にとっては、レーザー照射エネルギーの強い脱毛器は、やけどの危険性が高いものとなります。
レーザー脱毛器を選択するときに、比較的安い物は、1回の照射で強いレーザーを照射するものが多いです。
レーザー出力のエネルギーと照射システムが、どのようになっているかをよく確認することが肝心になるのです。
まずやけどをふせぐためには、レーザー照射エネルギーを下げることです。
しかし、脱毛効果も一緒に落ちてしまいます。
レーザー照射エネルギーを減らし、脱毛効果をアップするには、単位時間当たりのレーザーの照射回数を増やして、1回の照射エネルギーを落とすタイプのものですね。
このようなタイプのレーザー脱毛器を選択することが、レーザー脱毛器を使う時のやけどから皮膚を守る選択といえるでしょう。