リフォームをするなら無担保ローンがおすすめ?

中古物件の内装を変えたり、住み慣れた家をより良いものにしたい場合、リフォームの選択肢があります。
しかしリフォームも規模によっては大きな費用が発生するため、その辺は住宅ローンを上手く利用すると良いでしょう。
実は住宅ローンの諸費用としてリフォーム代を借入する事が可能なのです。
そこで実際にローンを組む際には各金融機関が設ける「リフォームローン」を利用すると良いでしょう。
これは無担保ローンと有担保ローンの2種類があり、大抵の人は無担保ローンを組む事になります。
無担保ローンの特徴は金利が高く融資額が少ない点ですが、その分誰でも借りやすいというメリットがあります。
一方の有担保ローンは金利が安く融資額が多いという真逆の特長があります。
それもそのはず、有担保ローンは不動産などの担保を間に挟むため信頼が得やすいわけです。
ただし調査に時間がかかったり審査が厳しいなどのデメリットもあるため、利用するなら手軽な無担保ローンを選んだ方が良いでしょう。