カードローンで審査に落ちる理由には何がある?

カードローンの審査に落ちる理由は多くありませんが、実際に審査に落ちる人はいます。
この理由として考えられるのは個人信用情報機関にブラックリストとして登録されていることが挙げられます。
金融事故と呼ばれる支払遅延や融資条件の変更があると、その事実が個人信用情報機関に登録され、全国の消費者金融で紹介すればわかってしまいます。
つまり、日本全国逃げることができないようになっているのです。
そのため、このような人はどこの消費者金融で申込をしても絶対に審査に落ちます。
また、貸金業法の融資制限があるため、年収の3分の1以上の貸付ができないため、借金の多い人も審査に落ちます。
業法で決まっているため仕方がないのです。