住宅ローンを組む時に絶対に加入しないといけない保険とは?

住宅ローン相談を申し込む際、必ず加入する保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
この保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の住宅ローン相談を申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
家の購入で初めに思う事は支払の事をどうするか。
という事だと思います。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。
申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。
支払期間は非常に長いので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。
この保険は、申請者に何かあった場合残りのローンが0円になる。
という事で、残された家族にもありがたい保険です。